知っておきたい! カナダの銀行の仕組み

皆さんは銀行口座を開くとき、どのように銀行を決めていますか?

メジャーなよく名前の知られた銀行だから。好きなタレントがCMをしているから。会社指定だから。
色々あると思います。
銀行でもお客様獲得のために、可愛い通帳を導入したりしているところもありますよね。

カナダにもTD、RBC、BMO,スコシアバンク、CIBCといったたくさんの銀行があります。


カナダの銀行で口座を開くのは意外と簡単なのですが、日本とカナダの銀行ではちょっと仕組みが違う部分も。

 

今回はその部分についてお話しますね。

口座維持費にご注意を

日本の銀行では口座を開いてもお金を請求されることはないと思います。
口座があってもお金が全く入っていなかったり、長年使用されていない口座があったりするようですね。そんな口座でも銀行は無料で管理してくれるとか、、、。なんて親切なんでしょう!

カナダではありえませんのでご注意を!

カナダの銀行に口座を開くと「口座維持費」というのが掛かります。
あなたの口座を管理してあげてるんだから、お金払ってくださいよね~という費用です。

維持費用はどの口座(プラン)を開くかによって違ってきます。
安いと$3~$5。高いところでは$10以上。これが毎月掛かるのですからうかうかしてられません。気がついたらお金が消えてた!という事も無きにしもあらずですよ。

銀行によっては、口座に一定の金額が常にあれば維持費は掛からないタイプの口座や、学生は支払わなくてよいプラン、開設初年度は維持費の掛からないプランなどもありますので、銀行や口座の種類を選ぶ際には慎重に。

取引回数にご注意を

お金の引き出し、預け入れに回数制限があるのですよ!

どういうことかと言いますと、日本ではひと月いくらでもお金の出し入れが自由ですよね。まあ時間外手数料というのは取られる場合もあるでしょう。

しかしカナダの銀行では一般的に、月の取引回数に制限が設けられています。
お金の出し入れ、デビットカードでの支払いなどで、口座にお金が出たり入ったりするのは〇回までですよ~、それ以上したらお金取りますから、というシステムです。

こちらも開く口座の種類によっては取引無制限というのもありますし、学生とかある一定の条件を満たせば回数を増やすようなところもありますが、大体基本的に月12~15回の取引回数を設定しているところが多いようです。

こちらも口座を開く際には確認しておきたい重要ポイントですね。

その他にも、ATMでの一回または一日に引き出しできる金額が少ないとか(1日に引き出しできる金額は$500までに設定されていて、それ以上は翌日にならないとできないとか。)、口座を閉じるのに手数料が掛かる等という場合もあります。

カナダではデビットカードやクレジットカードでの支払い、オンラインバンキングの使用が普通なので、カナダで銀行口座を開いておけば便利に生活できます。
しかし日本の銀行とはシステムが違う部分もありますので、銀行や口座選びの際には十分注意して下さいね。